PENTAX フィルムカメラプロジェクト ~発売へ向けて前進~

登り木 #164233

 いよいよ夏頃の発売に向けて、PENTAXのフィルムカメラ新製品プロジェクトが次のステップに入ったというアナウンスが公式からありました。いやぁ、楽しみですねぇ。第一弾として発売されるカメラの詳細も語られていました。以前から話に出ていたハーフサイズの手巻き上げコンパクトカメラだそうです。レンズは単焦点25mm(ハーフサイズなので35mm相当?)の高性能レンズのようです。今からどんな風に撮ろうかとわくわくしてきました。

 実のところ、50歳手前で写真に目覚めてからはほとんど35mmか中判でばかり撮っていて、ハーフサイズは小学生の頃に家にあったオリンパスのハーフサイズカメラ以来です。当時は、単に蒸気機関車を撮るための道具という感じでした。一眼レフカメラなんて贅沢品です!って家庭でしたから、ハーフサイズもくそも、最初からカメラはこういうものという感じで、構図が縦だとかそんなことは何もわかっていなかった年頃でした。そういうわけで、いざハーフサイズカメラを手にするとなると、さてどう撮る?って自問してイメージを膨らませていくうちにワクワクしてきているわけです。

続きを読む

定年後の確定申告(2年目)

e-tax

河口風景 #164602

 今年も確定申告の時期がやってきました。昨年は定年退職した年でしたので年末調整もしておらず、課税対象外とはいえ退職金もありましたので確定申告はマストでしたが、今年も私は確定申告します。申告自体はe-taxを使うのでやりやすいです。私の場合、在職中に何かのキャンペーンなのか税務署の方が職場に来てe-taxの受付?をやっていたので、その場で申し込み受付をしてくれました。なので、方式としては、マイナンバーカードを使うのではなく、ID・パスワード方式になります。マイナンバーカードも持ってますがPCからだと読み取りとかめんどいので、これでいいかなと。それ以来、毎年確定申告の時期になると、税務署からe-taxの案内が送られてきます。e-taxのいいところは、手続きがPC+ネットでできるのもそうですが、申告するしない等について税額シミュレーションにも使えるとこでしょうか。これ、私のような低収入定年退職者にとってはとても便利なのです。そう、所得控除枠いっぱいまで使う調整ができるからです。

続きを読む

私にとっての、映画と写真

灯台への道 #164535

 定年後、久しぶりに映画のはしごをした。もともと映画は大好きで、大学生の頃は年に200本ぐらい観てたし、就職してもしばらくは結構な本数を観ていた。とはいえ、年とともに観る本数は少なくなっていって、映画をほとんど観なくなったのは、50歳前に写真にハマりだしてからだと思う。その頃は、最近映画観なくなったよなぁ、ぐらいにしか思わず、たまには観なきゃなとか頭では思うんだけど、結局観ないことが10年以上続いていた。今思えば、まるで、映画をみることと写真を撮ることが入れ替わったかのようだった。

 今回観た映画は、アキ・カウリスマキの「枯れ葉」と、「コット、はじまりの夏」というアイルランド映画。私の好きなミニシアター系。先月は、「ゴジラ -1.0」を観たので、すでに去年見た本数を超えた。そして、おそらく今後は月に数本は見ると思う。定年退職してすぐの頃は、よぉーし映画も観るぞぉ、とか、気分的に思ってたりしたわけだけど、退職直後に少し観に行った後は、どういうわけか一向に映画館に足を運ぶことはなかったわけで。それがいきなり3本、しかも映画のはしごで2本観るとは、いったいどうしたことか?

続きを読む

男の料理教室 ~自分でごはんをつくる~

くぐり道 #163626

 定年退職前からこれだけは定年後の必須スキルだと考えていたものがあります。それは調理スキル。自分でごはんを作れるスキルです。その理由は、食費の節約、ではなく、ようやくごはんをつくる楽しさを享受できるぞ、と思っていたからです。現役時代は、若い頃も含めて、自炊する時期があったり外食中心になったりと、食生活は仕事の状況やら趣味への没頭具合に影響されていました。残業が多くて食って寝るだけの状態では、どうしても外食や弁当買ってきて食べるという食生活でしたし、趣味に入れ込んでいた時期も、そっちへ時間を使いたいので自炊するということもしませんでした。一方で、余裕がある時期には、一定期間自炊とかしていたりしました。自炊といってもインスタント食品を織り交ぜての簡単なものでしたが、自炊に限らずもともと自分で手を動かして何かをするというのがたまらなく好きな性格なので、仕方なく自炊なんてことはなく、できるなら自炊したいなぁと思っていました。そんなわけですから、定年後は絶対自分でごはんをつくるんだと思い望んでいたわけです。

続きを読む

定年後のハローワーク ~ハロートレーニングを終えて~

木洩れ日のさす小径 #163915

 3ヵ月間にわたるハロートレーニング(求職者支援訓練)も無事修了し、ほどなく150日間の失業給付金支給期間も終わると、ハローワークでの求職活動報告も必要なくなりました。通常、失業給付金支給期間中は、4週間ごとの認定日で2回以上の求職活動実績が求められますが、ハロートレーニング中は、認定日に代わってハローワークへの来所日があるものの、求職活動については不問です。私のケースでは、結局一度も求職活動はしませんでした。そもそも、週5日のみっちり受講でヘロヘロですしw。代わりにハロートレーニング修了後3ヵ月間、求職活動報告が求められます。月に1回ですが、求人への応募(最低1件)が必要です。私は、以前に書いたキャリアコンサルティングでの話もあり、興味のある分野でのITがらみの軽い仕事もしくはボランティアあたりで実績を積んでステップアップ、というか、その後どうするか考えようと思いました。まず、トレーニングで受講したプログラミング学習だけでは絶対的に学習不足なので、土日はレンタル自習室でお勉強、残り2日ぐらいをステップアップワーキング、あとは自由時間という計画です。

続きを読む