定年後に家を建てる1 ~実家の片づけ~

 まだ数年は元気だろうと私が勝手に思い込んでいた母親があっさりと亡くなり、ドタバタと葬儀を終え、いよいよ実家の片づけに取り掛かったのが昨年末から年明けにかけてでした。最後は施設に入っていたとはいえ、ほんの2年前ぐらいまでは実家で在宅介護サービスを受けながら生活しており、私も行ったり来たりしていたので、最初のうちは思い出が蘇ってきてなんとも切ない気持ちでした。実家の片づけがなかなかできないという人の気持ちはよくわかります。その家での思い出はもちろん、人が生活していた場所や物から発せられる声のようなものが聞こえてくるようで、片付けようにも手につかないという感じです。とはいえ、私にも残された時間はそんなにはないわけで、ゴミの日の早朝早くに家を出て実家に行き、ゴミ出しを終えてから片づけをして次のゴミの日に出すためのゴミを準備して帰る、というルーティンが始まりました。

プラント #164826

 私の住んでいるところから実家までは、自転車で1時間半ぐらい、バスと電車でもやはり同じぐらいかかりました。往復3時間弱というわけで、結構大変なわけですが、それでも週2回ぐらいは通える範囲でした。なんせ片づけるのは私一人なので、これがもっと遠方だったとしたらとてもじゃないけど半年ちょっとで家の解体までもっていくというのは絶望的だったと思います。ゴミの日に出せる分だけ片付けて帰るというのは、結構ちょうどいい負荷だったと思います。まぁ、冬の寒い日の早朝、実家のゴミ出しの時間に間に合うよう日が昇る前に家を出て向かうのは、つらいといえばつらいですが、暗い堤防を自転車で走っているとこれはこれで気持ちよかったりしました。それと、実家のある自治体では、大型ゴミとか不燃ゴミとかも無料で出せたのはありがたかったです。うちの家のある大阪市は粗大ゴミ不燃ゴミはほとんど有料で、しかも予約しなきゃいけないので、それを思うとほんとにありがたかったです。実は、この自治体の良し悪しも実家を建て替えてそのまま住もうと考えた一つの要素だったりもします。

 ゴミ収集については、有料にはなりますが、収集車に来てもらって一気に回収してもらうことも可能で、実家については昔に一度利用したことがありました。ただ、家の建て替えを前提にした片づけでは、家財を「見切る」ことがポイントとなるわけで、少しづつ掻き出しては中身を確認してゴミ袋に入れていくという作業が適っているわけです。そんなわけで、粛々と片づけとゴミ出しを進めていったわけですが、片付け始めてしばらくして、こりゃなかなか終わらんぞ、と思い始めました。使わなくなった2階は物置状態でぎっしり物が詰まっていて、もちろん、押し入れにもぎっしり詰まっています。おまけにベランダに物置なんぞを作っていて、その中もぎっしりです。それがわかった時点で、これは少なくとも半年はかかると諦念しました。そして、ほどなく衝撃の事実を知ります。なんと実家の家財の半分以上は母親の衣類だという事実を(笑)。もともと裁縫を趣味にしていたこともありますが、押し入れから出てくるのは衣類衣類衣類。タグがついたまま一度も着ていないものもわんさか出てきました。フリマとかで売れば売れるのでしょうが、とてもそんな時間はありません。せめてリサイクルゴミとして出すのが精いっぱいでしたが、月に2回のリサイクルゴミに出しても半年近くかかる量でした。対して父親の衣類はちょろっとあるだけという….(笑)こちらは、使ってないものは持って帰って私が着ることにしました。

 さて、この頃には既に実家を建て替えて住むという考えになっていたのですが、まずは片づけの目途がついてから、建て替えについては検討するつもりでした。今にして思えば、同時並行で家の建て替えについても進めていくべきだったと思います。それほど、家を建てるというのはかなりの負担を伴うものだったわけです。家を建てるかどうか未定の段階であればゆっくり検討というのでもいいかと思いますが、かなりの確度で家を建てることが決まっているのであれば、少しでも早く動く方が余裕をもって家づくりをすることができると今は思います。まぁ、その頃はまだ週に2日働いており、3月にはそれも辞める予定だったので、そこから家づくりを始めようと思ってたのです。つまり、家づくりにかける時間を十分確保してから動くつもりだったわけです。その考え自体は間違っていなかったのですが、今から振り返ると家づくりの特殊性に考えが及んでなかったわけです。ということで、次回は家づくりの特殊性について書いてみようと思います。

男の料理教室 ~補足~

 以前に、定年後の必須スキルの一つと私が考えている調理スキルを学ぶため、料理教室(男性専用コース)に定年前から通ったことを書きましたが、そこで得たものについてその後にいろいろ考えたりしたので、補足で書いておきます。

突堤 #164819

 まず、私が通ったのはベターホームというおそらく料理教室業界では最大手のところです。教室には、男女混合コースと男性専用コースというのがあるのですが、男女混合コースの方は混合というよりは、男性も参加できますといった趣きで、ちらっとそれらの教室を眺めたところでは、男性はいても一人か二人という状況でした。男女混合クラスには一度だけ無料チケットで参加したことがあります。6人ぐらいの少人数クラスだったので、特にどうこういうこともなかったですが、気を遣うのは確かです。なので男性専用クラスの方が気楽でいいのは事実です。男性専用クラスには3年間通ってましたが、8割ぐらいはシニアでやはりリタイアされた方が多かったです。そのほかは、料理に興味のある人とか家事の補助のための子育て世代の方なんかもいました。

続きを読む

定年後に家を建てる(プロローグ)

花と樹木 #164524

 これは定年前からのキャッシュフロー計画に組み込んでいたことですが、定年退職後にいわゆる終の棲家というやつへ移ろうかと思っています。これまではずっと賃貸マンションだったのですが、ここらで持ち家へ移行した方がいいだろうという判断です。よく、持ち家か賃貸かと話に出ますが、私の場合は、先がどうなるかわからないのに早期にローン組んで縛られるのは嫌だなぁと思ったまま、結局30年近く賃貸暮らしをしています。しかもずっと同じマンションという….。そんなことなら、ワンルームマンションでも買っておけば良かったのでは?という考えもあるでしょうが、これは後からならどうとでも言える部類の話です。住宅ローンなんかを組んでしまえば、生活はもちろん普段の思考傾向に確実に影響を与えます。まぁ、その影響がどんなものになったのかは、なんともわからないのですが。ただ、定年退職後の現時点では、持ち家に移るというのは悪くない選択だと思っています。「まだ先のことはわからないし」、という地点は過ぎてしまったということです。

続きを読む